yuzukichikun’s diary

雑記や本の感想や思いつくまま徒然に

小説

放課後の厨房男子

ラブコメ週間どこいった!というくらい清々しいほどの男子高校生のお話です。 表紙に美味しそうな料理と男子が描かれていて思わず手に取ったことは覚えています。 秋川滝美さんの作品です。 男子校 包丁部というあまり聞いたことのない部活。 実態は料理を作…

ゆずきち的読んで怖かったホラー?作品

という事で決してネタ切れじゃないよ? お盆に読むと少し涼しく感じられるかなという事で。 14日に投稿するあたりが残念と言えば残念なんですが。 読んで背筋がヒヤッとした作品をご紹介します。 まずご紹介したいのが 榎田ユウリさんの 妖琦庵夜話 シリーズ…

チョコレート・コンフュージョン

ラブコメ週間継続中ですという事で積んでいたこの一冊を読むことにしました。 買った当時ベットの中で足をバタバタさせながら読みたいの本の帯に心惹かれた事を思い出しました。 星奏なつめさんの作品です。 最初読んだ時に主人公のコメディ感のなさに脱落し…

完璧主義男に迫られています

タイトルの通りの完璧主義男さんに迫られるというお話なのですが、 正直読む前はやや偏見の目で見ていたので、 積んでしまっていたわけです。 こんな事ならすぐ読めばよかったと後悔しきりの一冊になりました。 桜川ヒロさんの作品です。 積んでいると言った…

ニセ恋シンデレラ

皆さんシンデレラと言えば何を思い浮かべるでしょうか? 私はガラスの靴って痛くないのかな?と思うような子供でした。 ガラスの靴でダンス踊って果たして壊れないものなのか? 今思うと夢のない子供だなと思いますね。 八巻にのはさんの作品です。 読めば読…

ウソツキチョコレート

最近泣いてないなと思い、本屋さんで見つけたこの一冊。 甘く、切なく、温かく…ひたすら泣けますの本の帯。 途中から号泣しながら読み終えました。 麻沢奏さんの作品です。 何事にも後ろ向きな主人公が心休まる場所で出会ったその人は魔法のチョコレートを差…

キャスター探偵 愛優一郎の宿敵

キャスター探偵3冊目です。 今回は完全無欠なキャスター愛(その実、超かまってちゃん)に強敵が現れます。 宿敵と書いてともと読む、何だか中学生の病気を拗らせたような美しき悪魔です。 愁堂れなさんの作品です。 今作では助手の竹之内君が災難に合う話と…

お点前頂戴いたします 泡沫亭あやかし茶の湯

お茶席は大好きです。 なのでこの本を見つけた瞬間に読むしかない!という心の声が。 その心の声に従って読むことにしました。 神田夏生さんの作品です。 とある高校茶道部の部室である泡沫亭。 そこにはたびたびあやかしが訪れます。 そんな茶道部に極端な…

宝石商リチャード氏の謎鑑定 転生のタンザナイト

逃げられない闇が正義を蝕む…!という本の帯に焦って手に取ったら、第一部完結の文字が! 出版社さん心臓に悪いので本の帯に完結の文字を書くのを止めてもらえませんか?と本気で思いましたね。 辻村七子さんの作品です。 第一部完結ということで、宝石達以…

アリクイのいんぼう 運命の人と秋季限定のフルーツパフェと割印

アリクイさんの威嚇ポーズは「さあ存分にモフりたまえ!」と言っているようにしか思えなかった(本文より)とあるようにモフりたくなる内なる乙女が暴走してしまう威嚇ポーズのある本の帯。 全力でモフりたい! 鳩見すたさんの作品です。 前作であとがきを読…

サンリオ男子 俺たちの冬休み

サンリオのキャラクターってどうして可愛くて収集したくなるんでしょうね? それぞれのキャラクターを愛してやまない男子高校生たちのお話です。 静月遠火さんの作品です。 初めて買ったサンリオグッズはどれだったかな?と思うくらいキャラクターが出てきま…

はたらく魔王さま!18

待ちに待った18巻。 そしたら本の帯に… 私、普通の女子高生に戻ります… という文字が! もうどうなったのかと慌てて読み始めました。 和ヶ原聡司さんの作品です。 千穂、バイトを辞めるという本の帯にある通り、ついにマグロナルド・バリスターの千穂閣下が…

華舞鬼町おばけ写真館 路面電車ともちもち塩大福

渋谷駅、飛鳥山公園、西新井大師… 東京の名所は華舞鬼町とつながっている! 渋谷駅しか解りませんが、そんな私でも東京の名所に行った気になれるこのシリーズ第2弾。 蒼月海里さんの作品です。 渋谷駅の話では記憶を失った老紳士と出会った主人公。 その記…

この素晴らしい世界に祝福を!エクストラ あの愚か者にも脚光を!2 遠いハーレムの向こうに

このすば外伝シリーズ第2弾。 外伝というだけあって、本編主人公たちはあまり出てきませんが、たまに出てくるとニヤニヤできます。 暁なつめさん原作 昼熊さん著の作品です。 この作品の主人公のダスト。 本当にダメでクズ男だと思うんですが、どこか憎めな…

万国菓子舗 お気に召すまま 遠い約束と蜜の月のウェディングケーキ

風邪引きながらも何とか読みきった1冊。 出てくるお菓子が夢のように美味しそうでした。 本の帯に言葉にならない。そんなときこそ当店のお菓子を!とあるように言葉にならない気持ちになりました。 溝口智子さんの作品です。 タイトルにウェディングケーキ…

死にかけ探偵と殺せない殺し屋

本の帯にあるとおり神経質な殺し屋と幽霊になった死にかけ探偵のバディものです。 名探偵が殺し屋で遊ぶライトミステリとか面白そうじゃないですか? 真坂マサルさんの作品です。 殺し屋が神経質っていうのも面白いんですが、死にかけ探偵が人々に嫌われすぎ…

警視庁監察室 ネメシスの微笑

表紙が後ろ姿でロングヘアーの女性とかなんだかドキドキしてこれを読まずに何を読む!状態になったわけです。 中谷航太郎さんの作品です。 タイトルにも惹かれていたので楽しみに読んだわけですが、面白すぎて一気に読み終わりました。 本の帯に新たな物語が…

璃子のパワーストーン事件目録 ラピスラズリは謎色に

天然石は見てるのも楽しいし、アクセサリーでも素敵ですよね。 そんな訳でラピスラズリが好きな私としては読まない訳にはいかなかったのです。 篠原昌裕さんの作品です。 夏休みの失恋を引きずる主人公が直面する日常の謎を鉱物学者の主人公の兄が解決すると…

司書子さんとタンテイさん ・・・木苺はわたしと犬のもの・・・

表紙とタイトルに惹かれて読んだ1冊。 本の帯もあらすじも大して見ずに選んだと言っても過言ではありません。 冬木洋子さんの作品です。 まずタイトルと私が勝手に想像したものとかけ離れすぎていて読みはじめて訳がわからなくなりました。 ですが、小説な…

憧れの作家は人間ではありませんでした2

こんなに早く続編が出るとは思わなかったですよ! 担当作家が吸血鬼!というこの作品は読んでいていろいろ考えさせられます。 澤村御影さんの作品です。 今作では泣いたり、理不尽さに怒ったり、たくさんの感情を引き出してくれました。 一章ではもう泣くし…

エプロン男子2nd 今晩、出張シェフがうかがいます

今作も表紙がいいね!と思いながらニヤニヤしつつ読みましたとも。 前作同様美味しい料理が出てくるのかなとワクワクしました。 山本瑤さんの作品です。 期待通りというより期待以上の料理の美味しそうな描写にまるで目の前で作ってもらっているかのような錯…

農業男子とマドモアゼル イチゴと恋の実らせ方

この作品は来月の新刊の案内を見てから絶対に読むと決めていました。 甘沢林檎さんの作品です。 農業男子という文字とマドモアゼルという文字とイチゴと恋の実らせ方ですよ? とりあえず激甘ストーリーを期待してたわけですよ。 主人公と同様いろいろと舐め…

トイプー警察犬 メグレ 神隠しと消えた殺意の謎

メグレが可愛かったので思わず続編が読みたくなったのでした。 こんなに可愛くて賢い名探偵なら飼いたくなるのは私だけでしょうか? 七尾与史さんの作品です。 メグレの元飼い主さんの事件かと思って読んでたんですが、全く違う話です。まるで神隠しにあった…

神木町あやかし通り天狗工務店

幻冬舎文庫のキャラクターノベルフェアという事で本屋さんで見かけた1冊。 黒猫王子の作者さんと一緒だと思って読んでみることにしました。 高橋由太さんの作品です。 まず主人公が最初から最後まで不憫です。 周りのキャラクター達が濃いせいで薄く見える…

トイプー警察犬 メグレ

トイプードルだけではなく犬全般が好きです。 例え読む本が猫の物語が多かったとしても犬好きだと声を大にして言いたいです。 七尾与史さんの作品です。 この作品は他の作品の紹介の所で見つけました。 まず警察犬でトイプードルな所が気になったのとトイプ…

きみのために青く光る

カドフェスの時に読もうと思っていたのに先延ばしにしていました。カドフェス終わったら読むとかどうなの?と思いつつ読み始めたのでした。 似鳥鶏さんの作品です。 まず表紙が繊細です。 水彩画みたいで綺麗です。 表紙だけ見ていても満足できますが、読む…

スープ屋かまくら来客簿 あやかしに効く春野菜の夕暮れ色スープ

買った当時お腹が物凄く空いていてスープ屋というタイトルに惹かれたのを覚えています。どんなに美味しいスープが出てくるんだろうとワクワクしました。 実際読んでいてお腹が空くという悪循環にはまりましたが。 和泉桂さんの作品です。 舞台は鎌倉。 鎌倉…

あやかし寝具店 あなたの夢解き致します

眠るのは大好きです。 だんだん布団から出たくない季節になってきましたが、もれなく私も布団から出るのは嫌いです。 眠りと夢にまつわるお話です。 空 高志さんの作品です。 本の帯に眠るだけの簡単なお仕事!?と書いてあって、もし出来るなら私もやりたい…

サイメシスの迷宮 完璧な死体

異常犯罪の謎解きが好きな訳では無いんですが、これは謎解きが面白そうと読んでみました。 アイダ サキさんの作品です。 超記憶を持つ刑事が暴く異常犯罪という本の帯を見て、超記憶があれば仕事でのミスも無くなるんじゃないか?なんて甘い事を考えましたよ…

探偵日誌は未来を記す 西新宿瀬良探偵事務所の秘密

新刊で買ったのに積んでしまって読むタイミングを逃していた1冊です。 本の帯に探偵日誌には未来の出来事が記されていたというのと事件の鍵は全て遺されていたというのが心惹かれて手に取りました。 希多美咲さんの作品です。 最初から謎スタートで。 最初…