読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yuzukichikun’s diary

雑記や本の感想や思いつくまま徒然に

幻想古書店で珈琲を 心の小部屋の鍵

幻想古書店シリーズの4作目。
今作も表紙が綺麗ですよ。
心の小部屋の鍵というサブタイトルに偽りなしです。
蒼月海里さんの作品です。






今作はチョコレートと珈琲片手に読むと楽しさ2倍かと思います。



誰しも自分の心に閉まっておきたい部分や想いがありますよね。
それを優しく解きほぐしてくれます。


個人的には1話目が心に刺さりました。
自分の心に潜む醜い部分を認めるのは辛い事だと思うんです。


でもその醜い部分が他人に向いてしまう前にガス抜きしてあげる事も必要なんだなと。



そしていつでも我が身を振り返る事も必要だと。



主人公達はどうなっていってしまうのか?
是非ともハッピーエンドを迎えてほしいんですが…。
次巻でもたくさんの物語に思いを馳せたいのでまだまだ続いて欲しい。


次巻でどんな物語が出てくるのか想像しながら楽しみに待ちたいと思います。




マインクラフト 先輩と素人のマルチプレイ その30

素人マインクラフターです。
30まできてまだ家を建築したことがないという恐ろしさ。
これでいいのか?と思いつつ、先輩に甘えております。



そのうちね、建設はしようと思うけど、破壊的に建築センスがないからね…。
作るに作れないんですよね。
という言い訳。





前回の記事で先輩が作ったウィザースケルトントラップタワーの全貌を。

f:id:yuzukichikun:20170524123902p:plain
f:id:yuzukichikun:20170524123943p:plain


どーんって感じ。
先輩1人でせっせと作るなか、素人は次の作業のためのガラス交換を。

司書さんとシュルカーボックス5つ分のガラスを手に入れる事に成功。


ネザーゲートからウィザースケルトントラップタワーまでの通路を作るのでした。


ここでもやはり先輩は手慣れていてどんどん作業を進め、ぽんぽんと下に落下。
マグマ遊泳することもしばしばでした。



ソウルサンドがあるからとスコップを取ってきたりしながら進める事、2日。


ようやく通路が全完成したのでした。


f:id:yuzukichikun:20170524124007p:plain


エリトラで飛ぶためにものすごく高い通路ですが、未だに飛べない素人はどうしたらいいんでしょう?


当分はてくてくと歩いてウィザースケルトントラップタワーまで行こうと思います。




先輩が仕方なく置いたブロックが矢印に見えたので写真撮りましたよ。

f:id:yuzukichikun:20170524124050p:plain

可愛いのでしばらくそのままにしておいてほしいなぁ。

マインクラフト 先輩と素人のマルチプレイ その29

素人マインクラフターです。
いつななったら素人卒業出来るかな?と思いつつ、現状は素人としか言えない日々を過ごしてます。




黒曜石が足りないと言われれば掘りに行き、石が足りないと言われれば掘りに行き、つるはしの耐久力が無くなりそうと言われれば修繕に行く日々です。

f:id:yuzukichikun:20170523005842p:plain

湧き潰しが終わったらそんなもんですよね?



そんなんです。
湧き潰しが終わったんです。



そして先輩はウィザースケルトントラップタワー建設を始めました。

f:id:yuzukichikun:20170523005712p:plain

せっせと作る先輩。
せっせと素材を収集する素人。



途中で牛さんを繁殖させまくりました。

f:id:yuzukichikun:20170523005621p:plain


先輩が頑張って完成させたトラップタワーがこちら。

f:id:yuzukichikun:20170523005821p:plain


壁を建てられてて中の様子わかりません。


そして現在トラップタワーまでの通路を作ってます。
完成まではまだ時間がかかるかな?

f:id:yuzukichikun:20170523005842p:plain

幻想古書店で珈琲を 賢者たちの秘密

幻想古書店シリーズの3巻目。
今作も表紙が綺麗なんですよ。
あんな書庫に住みたい!そして出ていきたくないとパッと見てそう思わせる表紙です。
蒼月海里さんの作品です。





賢者たちの秘密が明らかに!

登場人物も増えて賑やか?です。



周りにある小さな幸せを大切にする事なとたくさんの事を教えられます。



そして主人公に危機が迫ります。



という事で。



今回も海外作品を読もうと思わせるこの作品。

蒼月さんは海外作品にも詳しいんだろうなと思います。


そのくらいどの作品に対しても愛を感じます。
そして魅力的に感じるのです。
そのまま本屋さんへ走り出したくなります。




いろいろな場面を想像しながら読むのは楽しいです。
そして匂いを感じるのも楽しいです。


たくさんの人がどんな風に本を読んでいるのか気になる今日この頃です。





幻想古書店で珈琲を 蒼薔薇の庭園へ

前作を読んで次の話も読まねば!という使命感に駆られて読みました。
前作同様表紙が綺麗なんですよ。
今作は庭園でお茶を楽しんでいる姿が描かれています。
蒼い薔薇も登場人物も本当に綺麗なんですよ。
蒼月海里さんの作品です。





前作と今作を読んで気付いたのが、出てくる本の話とリンクしているということ。

今更かよと思われるかもしれませんが、発見した時の嬉しさは表現できません。


本の中に出てくるんですが、訳する人によって表現も変わってくるのが面白いというのが私に海外作品を読ませようとしてるような錯覚に捕らえられます。


とりあえずこの作品に出てくる作品は読んでみたい。
そしてその世界を味わってみたいです。




前作が木と本と珈琲の匂いがするとしたら、今作は薔薇と紅茶と蜂蜜とチーズの匂いがします。



何故かは読んでみるとわかりますよ。






モモンガの件はおまかせを

ムササビじゃないよ?モモンガだよ。
という事で、動物は大好きです。
表題と他3編収録されています。
似鳥鶏さんの作品です。



実は表題に惹かれて読んだわけですが、この作品、シリーズ4作目ということでキャラクターがたちまくりで慌ててシリーズ揃えました。

が、やはりモモンガが気になるので読みました。
フクロモモンガの話でした。
飛びついてくるとかフクロモモンガあるあるなのでちょっと笑いましたね。





どの話にも共通して言えますが、ペットとして飼うということは寿命まで愛情を持って接する。家族の一員として大切にする事だと思います。
その事について考えさせられます。



特に2話目の男の子。
愛情と責任を持って動物に接していたと思います。
確かに彼の選択は間違っていたのかもしれませんが、それでも自分の出来る範囲の精一杯をやっていたんじゃないでしょうか。
結末はホッと出来て良かったです。



可愛いから、流行っているからといって無責任に飼うのではなくちゃんと責任を持ってペットを家族の一員としてお迎えしてあげてほしいなと思います。




ここからは現実世界の話。
読みたくない人もいるでしょうから戻って下さいね。










本当にそんなペットショップやブリーダーや飼い主だけではないと思いたいです。


年間の殺処分数が0になることを願います。




1つの命に対して無責任な人間が減ることを祈って。




マインクラフト 先輩と素人のマルチプレイ その28

素人マインクラフターです。
毎日せっせと牛さんに小麦を上げています。
牛さん早く大きくならないかな?
決して装備ロストした事の現実逃避じゃないんやで?




という事で前回の続き。



ネザー湧き潰し大作戦。
2回目の装備ロストしたら素人はネザー湧き潰しをやらないという条件のもと、せっせと湧き潰しに励んでおります。




範囲が未だによくわからないんですが、先輩曰く待機場所予定地から半径128ブロックの円状に石のハーフブロックを敷いていくそうです。


とりあえず先輩に言われた範囲をせっせと湧き潰ししてますが、全く終わる気がしないのは何故でしょう?




素人が頑張った結果がこんな感じ。


f:id:yuzukichikun:20170519232049p:plain



なんか綺麗になって幸せを感じます。




そしてマイクラ始めてから自分で発見した初スポナー。

f:id:yuzukichikun:20170519232210p:plain


フライドポテトいっぱい湧きます。
近くに行くと湧きまくるので本当に焼かれるんじゃないかと不安になります。



とりあえずある程度の範囲は終わったので残り半分?頑張ります!




頑張りたいんですが、石が足りない予感がして恐ろしいです。
石も掘りに行かないとなぁ。



写真付きの時は余裕があるから撮れるけど、面白ネタで写真撮れないときは必死すぎてそこまで頭が回ってないんだなと思ってくださると助かります。
なるべく分かりやすかったり面白かったりする写真撮りたいなぁ~。