yuzukichikun’s diary

雑記や本の感想や思いつくまま徒然に

東京バルがゆく 不思議な相棒と美味しさの秘密

移動式バルってやっぱり気になりますよね。
お弁当のパエリアとか美味しそうです。
似鳥航一さんの作品です。






前作に引き続き美味しそうな料理が出てきますよ!
個人的には完熟トマトの冷製スープが食べてみたいです。



どんな人にも夢はあって、それが最初と違った形になったとしても夢は持ち続けていいんだなと。



そんな夢の形が出てくるお話です。






トマトの冷製スープが食べてみたいけど、話の内容だと牛肉の赤ワイン煮込みが好きです。




当然書きませんよ?





その話の中に出てくる人がお気に入りなのです。
誰とは書きませんよ?





そして相棒にも救いがやってきて良かったなと思う反面、これでこのシリーズは終わってしまうのか?という不安いっぱいです。





是非とももっとたくさんの料理を読ませて欲しいです。






ガツガツと。

どのゲームかは明かさないコーナーです。
この2日間でレベルをカンストさせるという暴挙をしていました。
無事に?終わり良かったです。







という事で。



ミッションとなるものがあって、所属している所によって違うミッションをやる。





全部終わらせました。





前にやっていたときは1つしかやらなかったのですが、今回は全部やってみようと。




やってみたら、結構面白くて前にもやっておけばよかったなと。
ゲームに出てくる人間関係を知ることが出来たりして楽しかったです。





そんなわけで今日はおしまい!

スプラトゥーン2がきた!

タイトル通りのスプラトゥーン2でございます。
攻略ではないです。




発売日、開店前にお店に行きましたとも。
用事があったので早めに出掛けたのですが、見事に開店前に到着するという予想通りの予定。



新しいアミーボも買ってきて幸せに浸っていました…。





ニュースを見た人ならわかると思いますが。
スプラトゥーン2発売日当日、全国的に猛暑日
例に漏れず我が家も猛暑。
暑くて何もする気が起きない!




きっとこの猛暑はスプラトゥーン2を待ちに待った人達の熱気ですかね?
と思い込みたくなるくらいの猛暑でした。




と書いている現在も暑いです。




今作の目標はA+になることです!






東京バルがゆく 会社をやめて相棒と店やってます

最近シリーズ物とわからなくて思わず手に取る事が多いです。
あわてて探し回って手に入れましたよ。
似鳥航一さんの作品です。





バルとはスペイン風のカフェ兼居酒屋のようなものらしいです。
行ったことはないので想像しか出来ませんが。

そのバルが移動式というのが舞台です。




大手メーカーの正社員の座を捨てて移動式バルを開く事にした主人公。


そこで出会う客に料理と酒を振る舞います。おせっかいをちょっぴり添えて。




その料理が読んでるだけで美味しそうでスペイン料理を探しに行こうと思わせてくれます。




そしておせっかいというのが心に響きました。





夢を追うって本当に難しい事だと思います。
夢と現実の狭間で揺れたり。それは学生だろうが社会人だろうが何者でも関係なくあると思います。




どんな夢でもその人にとっては大切な夢で。
それを叶えるためにちょっとしたおせっかいというのがとても素敵な事に思えました。





最後に主人公の夢が出て来て畏れ戦いたのは秘密です。






東京の移動式の屋台事情も垣間見れて楽しかったです。







今日は

お出かけしてきてもうグッタリです。



久しぶりに会った友達と話が弾み、腰痛にはラジオ体操がいいらしいとか、いろいろな健康法を教えてもらったはずが。





覚えているのはラジオ体操のみとはこれいかに?





明日は待ちに待ったスプラトゥーン2が発売なので早寝します。



楽しいのできっと記事になるはず!

神様、縁の売買はじめました。

ついに縁も売買される時代が来たのかと。
知らない間に時代は進んでいるんだなぁ。
叶田キズさんの作品です。







友情、愛情、家族の絆。
縁というのはたくさんあるもので。
望む縁を繋いで、要らない縁を切るという感じで話は進むのですが。





縁というのは片方だけで出来ているものではなく両方で繋がっているもので。
なんか切りたい縁というのもわかるし、いろいろ難しいものだなと。




ある意味正直であり、ある意味残酷です。



そして神様がお酒大好きなところが何だか可愛らしく感じました。



表紙の桜色が何故なのか?という謎も解けますよ。




甘々と稲妻 9巻

表紙のつむぎちゃんが大人びていてとても可愛いです。
子供の成長の速さを感じて嬉しいような悲しいような複雑な気持ちです。
雨隠ギドさんの作品です。






今回も料理が美味しそうです。



そしてつむぎちゃんがどんどん成長していて優しくもなんだか切ない物語でした。






小学校でのつむぎちゃんの話が一番好きです。
小学生ってある意味残酷だったりする時のつむぎちゃんのあの行動は素晴らしいと思います。








また新しい出会いも待ってます。
懐かしい?出会いもあります。




とても優しい気持ちになれますよ。
そしてお腹も空きますよ!