yuzukichikun’s diary

雑記や本の感想や思いつくまま徒然に

先輩と素人のマインクラフト その53

どうも。建築センス(笑)…間違えた。素人マインクラフターです。

もうね。建築センスのなさに泣きながら建築しています。

そんなわけで先輩から村に建築しちゃダメというお達しが出ていて、

ジャングルなら建築していいよと言う事でジャングルの土地をゲットしました。

きっと村から遠いからとかいう理由だろうと何となく予想していますが。

 

 

 

 

何はともあれ土地はゲットした!

まずは整地からだ!ということで。

あの森林火災の土地へgo。

で、整地前のスクショを撮り忘れ…。

せっせと整地に勤しむこと2日。

ついに整地完了。

 

 

 

 

 

どうだ!この広大な土地!

と喜んでいたのですが。

建築センスがない!という事に気付いてしまったわけです。

とりあえず作ってみるかと建築したところ…。

先輩からダメ出しが。

 

 

 

f:id:yuzukichikun:20180911222238p:plain

 

 

どうしたら建築センスが上がるのか知りたい素人でした。

はたらく魔王さま! 19

待ちに待った本編ですよーと言う事で発売日当日に買ってきました!

本屋さんで本の帯見ながらニヤニヤしましたね。

和ヶ原聡司さんの作品です。

 

 

 

今作では秘密がキーワードのようで。

あれ?これ秘密だったの?と言うものなど盛りだくさんでしたね。

ある秘密に至ってはもう知ってたし。ニヤニヤ、ニヤニヤ。

はたから見たらダメ人間なんじゃないかと思うほどのニヤニヤっぷり。

どこでニヤニヤしたかは読めばわかると思うので割愛。

 

 

 

この作品を読むといかに異世界の魔王が勤勉かというのを感じられます。

なぜ私は異世界の魔王の仕事に対する姿勢や意欲を見習おうと思うのかわかりませんが、

その姿を好ましく思いますね。

ただヘタレな部分もありますが。

 

 

彼らを取り巻く環境も大きく変化してきました。

この先もまた変化していくことでしょう。

その変化していく彼らを早くまた読みたいものです。

 

先輩と素人のマインクラフト その52

どうも。素人マインクラフターです。

ここまで書いて放置して何書くのか忘れるという始末。

そうだ!

先輩が新たなバイオーム見つけたのでまたネザーゲートを開いたんだった。

それが地獄の始まりだとも知らず…。

 

 

 

先輩が見つけたバイオームはネザーゲート使っても2000マス以上離れていたのでした。

そこから通路を作るのに1週間ネザーにいましたとも。

さすがに2000マス離れているのもあって素人にもクリエイティブの権限をくれたのですが…。

それでも終わらない通路作り。

毎日コツコツ少しずつ進めていってやっと終わった!と喜んでいたら、

まさかの次なるバイオームとの通路作り。

次の通路は500マス程度だったので楽に思えるくらい2000マスは辛かったです。

そしてその500マスの通路が終わる頃には新たなバイオームを先輩が見つけてくるという…。

もしかしてエンドレスでネザーに通路作らせる気か?と割と本気で思いましたね。

 

 

f:id:yuzukichikun:20180906012424p:plain

 

やっとネザーの通路を作り終わって一息ついています。

ところで先輩、珊瑚とキノコのバイオーム見つけたのはわかってるんですが、最初のネザーの通路はどこに繋がってるんですか?

行くのも聞くのもめんどくさい今日この頃です。

 

 

f:id:yuzukichikun:20180906012510p:plain

アリクイのいんぼう 魔女と魔法のモカロールと消しハン

アリクイさんはどうして可愛いんでしょうね?

と言ってもアリクイの生態とかわからないんですが。

この作品のアリクイさんは大好きです。

鳩見すたさんの作品です。

 

 

 

この作品も発売日当日に買いに行きましたとも!

そうしたらまさかのアリクイさんの思秋期が!!

そんなアリクイさんの姿を見て、励ます、慰めるよりも先に抱きしめる、モフモフするが出てきたのは仕方ないと思うんです。

物憂げなアリクイさんの姿は可愛くて仕方なかったです。

 

 

この作品での沢山の縁が繋がっていくのを見て純粋にすごい事だなと思いました。

誰かが誰かを応援しているという気持ちのあたたかさに触れられて幸せでした。

 

 

そしてこのシリーズで楽しみにしているのがあとがきだったりします。

あとがきまでも楽しませてくれるのが鳩見すたさんの凄いところだと思います。

あとがき読みながらニヤニヤしたり笑い転げたりするのは初めてでした。

あとがきでのまさかの展開が待っていようとは思いませんでしたが。

 

 

本編の最後の台詞が気になるのでジョナサン・ハートミンスターさんには早めに戻ってきていただいて物語を嘴で紡いでいただきたいです。

その日が来るのを首を長くして待っていたいと思います。

 

 

 

華舞鬼町おばけ写真館 灯り無し蕎麦とさくさく最中

ついに華舞鬼町シリーズの新刊です。

待ってました!と発売日当日に買ってきましたとも!

蒼月海里さんの作品です。

 

 

 

このシリーズはほのぼのしてるので好きですが、まさかのぞわーっとするとは!

今作はなんというか怖かったですね。

ネタバレになるのでこれ以上は書きたくない!

 

 

 

それでですね。

まさかのあの人のツンデレが見れたり、あの人の過去が垣間見れたりして、

ニヤニヤしましたね。

幽落町シリーズから読むとさらにニヤニヤできると思います。

 

 

そして書こうと思うところがどこもネタバレになるという恐ろしさ。

それも怖いですね。

 

 

 

なので、どのキャラが一番好きかを書こうと思いましたが、

ハナさんと狭間堂さんが私の中でせめぎあっています。

ハナさんは癒し系ですし、狭間堂さんは総元締め…ですしね。

二人とも大好きです。

 

 

このシリーズを読むと幽落町シリーズからまた読み直そうと思ってしまうのがまた楽しいです。

 

PORTER SMOKY ショルダーバッグ 使ってみた

検索してもあまり見つからないのでそれなら書いてしまえという事で書いちゃいます。

ショップの商品レビューで書いてあるから見つからないのかもしれませんが。

 

 

 

という事で使って1年近くなるこのSMOKY ショルダーバッグ。

SMOKYのショルダーバッグの中でも1番小さい物です。

財布、ハンカチ、ティッシュケースを入れてお出かけする私にはちょうどいいサイズです。

ティッシュケースには手鏡、リップ、ハンドクリームが入っています。

小さなノートとシャーペンが入ることもあります。

 

 

いい具合に色落ちもしてきてお気に入りです。

 

 

ですが、最近荷物が増えてきて若干容量が足りなくなってきました。

あまり荷物が多いとパンパンになってしまって見た目がよくない…。

なので荷物が多い人にはオススメできませんね。

カバンの中身が少ない人にオススメです。