yuzukichikun’s diary

雑記や本の感想や思いつくまま徒然に

喫茶『猫の木』物語 不思議な猫マスターの癒しの一杯

この作品は完全に表紙買いです。
ちょうど喫茶店モノにハマっていてそしてこの表紙。
そりゃ買わずにはいられませんでした。
植原翠さんの作品です。





マスターが猫の被り物をしている喫茶店に転勤で傷心の主人公が訪れるところから物語は始まります。

1話が短いんですが、とても優しい気持ちになれたり、ニヤニヤできたり、何だかとても幸せな気持ちになれました。



ですが、猫の被り物からトナカイの被り物まで幅広く持っているマスターは凄いなと。
例え脚立から落ちても被り物は外れないのはすごかったです。



なぜマスターは猫の被り物をしているのか?
気になる人には是非おすすめしたいです。



私は答えに笑っちゃいけないけど笑いました。






水の杜の人魚 霊媒探偵アーネスト

最近ラップ音を聞いたので、やはりここはホラーミステリだろうという事で読んでみました。
表紙の青年の儚さにも興味が湧いたのでというのもあります。
風森章羽さんの作品です。




タイトルの水の杜の人魚というのも中々に謎が含まれているような気がしたんですよね。
人魚と言えば海のイメージが強い私としてはなんで杜なんだろう?と。



キャラクターは総じて濃いです。
そこまで濃くなくてもいいんじゃないかな?と思うところにも謎が。




読んだ後爽快感でいっぱいになれます。
謎解いてやったぞ!的な。
決して私が謎を解いている訳ではないんですが。




謎の爽快感に包まれたまま次作を読むことにします!





ST プロフェッション 警視庁科学特捜班

このシリーズはドラマを見て原作もきっと面白いんだろうなと思って読んでいました。
当時は原作とドラマの設定の違いを楽しんでいましたね。
そして原作シリーズ制覇したところでもしかして新作は出ないのでは?と思っていたところに新作が!
本屋さんで見つけた時の心がときめく感じがかなりやばかったです。
今野敏さんの作品です。




今作では割とSTの人々がかなりマトモな人種に見えてしまって、私は何かに毒されているのではないかと思いましたね。
いつもだとうわぁぁぁ…と思うところもすんなり受け入れられるんですよ。
特に青山さんがマトモに見えたとか本当にSTに毒されてるとしかいいようがないくらい面白かったです。



というか、事件の始まりが呪いの儀式から始まるのにも呪いの儀式かぁと受け入れられる自分って何なんだろう?と読み終わってから気付くくらいでした。



科学と呪いって相反していそうですが。
それを解明していくのも面白かったです。




新シリーズだよね?次も出るよね?と楽しみにしながら待ちたいと思います。
出来れば一番好きな黒崎さんが活躍する話を読みたいです!話の展開も面白そうなので!





CRISIS 公安機動捜査隊特捜班

ちょうどドラマが始まる前に買ったこの本。
買ってから半年後に読むという暴挙。
ドラマはどうだったんでしょうか?面白かったんでしょうか?想像だけが膨らみます。
原案 金城一紀さん 小説 周木律さんの作品です。




ドラマとは異なるオリジナル小説という事でウキウキと買ったのは覚えてます。
ドラマ見てないのでどこが異なるのかわからない…。
そもそもドラマ終わってから何ヵ月経つよ?状態で。



なのでドラマ見てた人には申し訳ない。




とあるホテルでの立て籠り事件に特捜班が挑むこの作品。




5人だけで解決しろとか上の人の命令は無茶苦茶だなと思いつつ読んでいました。


よく考えるとたまに上司は無茶苦茶なこと言うなと何だか感慨に耽りました。



そして事件は解決に向かって進んでいくわけですが。
事件を解決していく爽快感はありました。






でも私には何が正しい事なのか分からなかったです。
主人公の台詞に救われた感はありますが。



これはドラマも見てたらまた違った視点で見られたのかなと。
それだけが心残りです。




動く大山ちゃんを見たかったです!






スプラトゥーン2 フェスが終わってしまった~

フェス満喫しました!
持久力の皆さんおめでとうございます!
瞬発力の皆さんもお疲れ様でした!




という私は瞬発力にエントリーしたわけで…。
スーパーサザエ21個いただきました。




全てのエリアを出来たわけではないんですが。
やっぱりフェスは楽しいね!



勝敗もありますが、あの独特の雰囲気でやるのは楽しかったです。
一体感ですかね?
ソロでしかやってないんですが、チームでやった人はどうだったんでしょうか?
動画配信されてる人のを見るしか雰囲気を味わえなかったんですが、チームはチームで楽しそうでした。



次のフェスはお題は何かなと待ちわびたいなと思います!

スプラトゥーン2 フェスがきたぞ~

という事でフェス真っ只中です。
これを書いているのもフェスのマッチング中に書くという恐ろしさ。



そんなにやっている時間もないのでこんなことになっているわけです。




それにしてもフェス楽しいです。
いつもと違う雰囲気の夜のマップ。
それだけでも心が踊りますね。



そしてミステリーゾーンというマップに悩まされています。
最後に落下するとかありえないです。




スプラトゥーン2やってる人はフェス楽しんで下さいね!
そうでない人も楽しさが伝わるといいなぁ。

ダイブ!潜水系(イルカ)公務員は謎だらけ

世間は何だか微妙な情勢ですが。
自衛隊っていろいろな謎が多いですよね。一般社会?から見ると。
一般企業とは違うし、省庁とも違うし、自分の周りには勤めている人がいないので興味深いんですよね。
山本賀代さんの作品です。





潜水系とあるように海上自衛隊自衛官と大手電機メーカーのOLさんのお話です。



久しぶりに読みました。
ベタ甘な感じ。
お互いがお互いを思ってるのにもどかしい感じで、読んでいるこっちがツッコミたくなるくらい幸せなやりとり。
本人たちにしてみれば本当に切ないし辛いし…というのが伝わってくるのですが。



最近ホラーとかミステリとかあやかしものばかり読んでいたせいか、ものすごくニヤニヤしました。

恋愛小説もいいなぁと再確認したわけであります!




潜水艦は潜るものだよ!